オリジナルの名刺作成においての基本と今後の展望について

名刺

名刺作成の基本

名刺はビジネスマンにとってはとても大事な道具であるといえるでしょう。それこそ営業の人などは、毎日毎日利用しているビジネスツールといっても過言ではないでしょ…

MORE ▶

名刺作成において

名刺作成というのは、いまではとても簡単にやってもらうことができるようになっています。そもそも自分で作ることができるようになっているといっても過言ではありま…

MORE ▶

名刺の裏面はどうしてる?英語?メモ?

社会人の皆さんは名刺を会社から支給されているかと思います。フォーマットが決まっている方は何も悩むことはないと思いますが、フリーランスや名刺のデザインを決め…

MORE ▶

名刺の今後の展望を考える

名刺はビジネスシーンで必ず必要になってくるその人を象徴する大事なアイテムですよね。一昔前は、名刺というとだいたいフォーマットは決まっていて、お堅いデザイン…

MORE ▶

名刺は縦書?横書き?どっちがベスト?

名刺はサラリーマンの顔であり、その様式は会社によって様々な様式があります。最も分かりやすい違いとしては名刺の使い方を縦書きにするか横書きにするかという問題があります。昔のドラマなどでは縦書きの名刺が登場しますし、今でも年配の方やライターの方などは縦書きの名刺を使っているのではないでしょうか。
縦書きのメリットとしては受け渡しが非常にスムーズになると思います。また、最近では縦書きの名刺作成も珍しいので、他の方と違うということで作成すると印象に残りやすいのではないでしょうか。横書きに関してはおそらくスタンダードになっていて、皆さん使われていると思います。では横書きのメリットはどのようなものがあるのでしょう。私が横書きのものをもらった場合、裏面までしっかりみようと思います。縦書きの場合、表面である程度のインパクトがありますので、裏面まではなかなか気が回りません。横書きなので、裏には何か書いているかなとちょっと期待して裏返すこともあります。また、裏面を英語にしている方は横書きの方がしっくりくると思います。
他に変わった名刺作成としては名刺自体は縦に使うのですが、書いてある文字は横文字という方もいます。これはスペースを広く使えると思いますので、非常に賢い使い方だと感じました。このように名刺に同じ内容が書いてあっても受ける印象は少し変わります。自分の名刺の書き方に関して再考してみても良いと思います。

自分だけの名刺をつくるために

名刺は自分自身が何者なのか、どういった身分でどういった地位なのかを明確に分かりやすく相手に伝えるために必要な社会人の必須アイテムです。言わば名刺は世界にただひとり、あなたを証明するものでもあるのです。その自分だけの「名刺」を作成するためにどういったことに気を付ければよいのでしょう?
名刺を作るためには紙が必要です。名刺作成は紙を選ぶところから始まるのです。紙を厚くして凹凸をつけわかりやすくしたり、折り畳みでいろいろな情報を入れられたりさまざまなタイプの名刺を作ることができるのです。
次に名刺に何を記入するか、です。やはりわかりやすいのは、自分の役職ですよね。でもそのほかに自分を証明するものはたくさんあります。自分がどのような人間なのか?自分を一言で表すとなんなのか?血液型、プロフィール、特技、極端な話キャッチフレーズなんかもいいかもしれません。そういったものも盛り込んでみるのも自分だけの名刺を作るきっかけになるかもしれませんね。今名刺は様々な形があります。会社での名刺交換も一般的ですが、病院やお店のスタンプ、ママ友や家族名刺など今や名刺はとても幅広く発展しています。そんな中で白い紙に文字だけでっていうのもつまらないと思いませんか?みなさんも自分だけの名刺作成を是非してみてください。

読みやすい名刺を作成するには

名刺はビジネスマンの顔とも言える、必須のビジネスツールのひとつです。名刺一つで、取引先からの印象が左右されるほどに重要なアイテムです。新社会人になると、自分の名刺を作るように上司に言われます。最初のうちは、会社のテンプレート名刺に、自分の名前を印刷したものを使うのが無難でしょう。しかし、自分のことを取引先により理解してもらうためにも、オリジナルの名刺を作成したいと考える方もいるかと思います。以下に名刺作成時の注意点をまとめてみました。
まず、注意すべき点は、名刺に情報を詰め込みすぎないことです。名刺に記載すべき情報としては、本人の名前、会社名、住所、携帯電話番号、メールアドレス、会社のキャッチフレーズなど多数の情報があります。もしこれらの情報をすべて名刺に記載したら、ごちゃごちゃとしてとても見づらい名刺になってしまいます。ですから、名刺には最低限の情報を取捨選択して、記載するようにしましょう。
そして、その際に、適度な余白を入れるようにします。というのも、文章などでもそうですが、文字がびっしり詰まったページは一見しただけで、読む気が無くなってしまうものです。名刺にも同じことが言えて、情報量が多すぎる名刺は敬遠されます。必要最低限の情報の取捨選択と、余白を利用したすっきりと読みやすい名刺を作成しましょう。


自信をもって交換できるような名刺をつくりませんか。流行りのデザインからクラシックなデザインのものまで様々につくることができます。あなたに合った名刺をぜひおつくりください。

update contents